Loading
会社紹介

会社紹介

会話が多く何でも話しあえるアットホームな会社です

東九州デイリーフーヅ株式会社 代表取締役社長 奈賀幾次郎

ご挨拶

当社では3PL事業を展開しており、お客様の物流に関わる業務を総括的に受託し、徹底した温度管理と衛生管理で、迅速・確実な商品配送を続けております。また多様化するニーズにお応えするべく、何が求められているのか、どのように実現するか、を常に考えお客様に質の高いサービスをご提供致します。今後もさらに高品質で高効率の食品物流システムを確立し、皆様の食生活を支えるべく努力してまいります。

大事にしている事

お客様への安心・従業員への安心・家族への安心。全ての安心が重なることが最大の品質向上だと考えております。
また、お客様への気配り・商品への気配り・車両への気配り・仲間への気配りの細かな気配りを行う事で安心安全に商品をお届けいたします。

会社の取り組み

会社を明るくしたいという思いを込めて、毎日挨拶運動を行っています。
世界中何処へ行っても挨拶は共通にあります。その基本の挨拶を行う事で、一人ひとりの顔を見て、向き合う事で会話も増え、自然と微笑みが生まれ、気づけば社員みんなで会社を明るくしていくのではないかと考えています。

会社情報

会社名 東九州デイリーフーヅ株式会社
所在地 〒870-0017 大分県大分市弁天3丁目1番45号
設立 1983年(昭和58年)7月
代表取締役社長 奈賀 幾次郎
取締役副社長 田中 辰典
従業員数 106名
保有車輌台数 60台
業務概要 センター運営及び配送運搬業務(主に低温チルド商品)
主な取引先 東芝ロジスティクス・JAおおいた・大分ヤクルト販売・園田陸運・あわしま堂・ランテック・酪農マザーズ 他

会社の歴史

1983年(昭和58年)7月 高橋商店・紀文食品・蒲正大分3社合併にて、東九州デイリーフーヅ㈱設立
1988年(昭和63年)6月 CGCチェーン加盟店と取引開始
1994年(平成6年)6月 マルミヤストアー㈱と取引開始
1995年(平成7年)5月 大分市高松より現所在地に移転
1995年(平成7年)8月 CGCセンター業務全般を受注
1998年(平成10年)3月 全農グループAコープチェーンと取引開始
2000年(平成12年)7月 宮崎森永乳業ほか乳業メーカー全てと取引開始
2006年(平成18年)8月 問屋仕入れ業を廃業 物流運送業のみに移行
2018年(平成30年)3月 アイエヌライングループに参入
2019年(平成31年)4月 家島センター開設 (大分県大分市大字家島1229-1 ※旧日本アクセス家島センター)


アクセス

大分駅から徒歩35分。デイリーフーズ
大分ICから6km、車で約10分。無料の専用駐車場がありますので、車でお越しの場合はご利用下さい。

PAGE TOP